×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

服装・髪型にうるさくない業界の求人・アルバイト

服装・髪型が自由な仕事

服装や髪型が自由とされている仕事には、テレフォンオペレーター、テレコミュニケーター、一般事務、データ管理、Webデザイナーアシスタント、法務アシスタント、エンジニア、医療カルテ管理業務、モバイル業界での経理など、デスクワークの仕事があります。

 

また、イベントスタッフ、現場軽作業、倉庫内作業、荷物の仕分け、検査補助、建築作業補助といった、肉体労働に見られる仕事においても、服装や髪型にうるさく言われない仕事となっています。

 

 

更に、ヘアメイクアシスタントやデザイナーアシスタント、雑誌編集アシスタント、アパレル業界、販売業務などのファッションに関する業界での仕事、フードアソート、食品の詰め込み作業などの仕事があります。

 

また、外資系産業においては、アメリカンスタイルでの業務傾向が強いため、服装や髪型を自由にしている会社が多く存在しています。

デスクワーク

服装や髪型が自由だと謳っていても、業界や会社の傾向によって、その意味が異なっています。

 

デスクワークの仕事においては、ほとんどの場合、服装や髪型に対してうるさく言わないとされています。デスクワークという仕事内容のため、人と接する機会がほとんどないことから、会社の体面やイメージに固執した服装や髪型を心掛ける必要がないということになるでしょう。会社の体面やイメージを大事にさせ、それをアルバイトなどに押し付け、ストレスを与えるよりも、仕事をしっかりやってもらえるように、自分がリラックスして出来る格好で仕事をしてもらえればいいという傾向にあるのだと考えられます。また、服装や髪型を自由にすることで、制服を支給するコストを減らすことも出来ます。そういった点からも、デスクワークにおいては、服装や髪型が自由な会社が多いということになっているのだと考えられます。

 

しかしながら、同じ業種にもかかわらず、服装や髪型に厳しい会社も少なからず存在しています。いくら接客がほとんどない仕事だといっても、同じ空間で働く人にとって、服装や髪型が目障りになってしまっては、仕事になりません。同じ空間で仕事をしている仲間に対しての配慮も必要だということになります。また、会社経営者の意向のために、空間の雰囲気や好みに左右されることによって、制服支給されたり、茶髪を禁止していたり、服装や髪型を自由にしていると謳っていても、ジーンズなどのカジュアルなものは駄目だったりと、会社によってその条件に含まれている意図が違っています。

 

こうしたことから、同じデスクワークというジャンルにも関わらず、その条件に含まれている意味が違う場合があるということが言えます。

肉体労働系

肉体労働系の仕事においても、服装や髪型にうるさく言わない業界とされています。

 

イベントスタッフや建築現場作業スタッフ、倉庫内作業といったジャンルに関して言えば、汚れる仕事と言えます。つまり、仕事をすることによって、汗をかき、埃にまみれてしまうということです。そんな仕事をするのに、制服を着せたり、スーツを着せたりしていては、動きづらく、仕事の効率も上がりません。こうした業界の仕事の鉄則は、動き易い格好です。そのため、イベントスタッフの場合には、その場の雰囲気も考慮して、お揃いのTシャツなどが配布されたりしますが、そういったコストを抑えたいという会社においては、私服での作業になっています。こうした理由から、肉体労働とされる仕事の多くは、服装や髪型に対してうるさく言う必要がないということになります。

 

しかし、服装や髪型が自由だと言われているからといって、単に、自分の好みの服装や髪型をしていっては、仕事内容を理解していないことになります。服装や髪型が自由だからと、足場の悪い作業場などに、ヒールを履いて、綺麗な服を着て、髪型にもこだわっていっては、何をしに来ているのか分からないと叱られても仕方がありません。服装や髪型が自由だといっても、仕事内容に合わせた服装や髪形をして行かなければならないということです。そういった配慮や分別は、社会人として当然のことなのです。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


アパレル業界

アパレル業界は、服装や髪型を自由にしている場合がほとんどです。しかし、そう謳っていながらも、自由とまでは言えない雰囲気を持っているのも、アパレル業界の特徴です。

 

アパレル業界では、そこで働く一人一人の服装や髪型が、ファッションの最先端を行くようなところでなければなりません。つまり、服装や髪型が自由であっても、それは、個性という部分での話であって、実際には、どんな服装や髪型が自分に似合うのか、また、どうしたら格好良く見えるのかなどを常に研究した結果を、会社に着て行くというのが、この条件に含まれている意味なのです。

 

特に、販売業務に立つアルバイトや店員は、常に客の見本でなければならないという立場に置かれています。そのため、単に自分の好きな格好をしていれば良いというわけにはいかないのが、この業界の特徴です。そのため、服装や髪型にうるさくない代わりに、自分自身での研究を必要とされます。

求人条件に合わせた検索

服装や髪型にうるさくない仕事と言っても、そこに含まれている意味は、業界や会社によって違います。アルバイト検索する際には、自分が意図しているものを考察する必要があります。そして、服装や髪型が自由だという条件の意味を、仕事内容と共に、考える必要があると言えるでしょう。

 

また、分別ある対応をする必要があります。仕事をしに行っているのに、明らかに会社の中で浮いていては、一緒に働いている仲間に対して失礼になるのだということを考えなければならないということが言えるでしょう。

 

そういった配慮が苦手な場合には、フードアソートや食品の詰め込み業務などの服や髪の上にエプロンや帽子を被せてしまう仕事や、個人のスタイルを尊重する外資系の会社でのアルバイトをお勧めします。エプロンや帽子を被ってしまえば、どんな服装や髪型をしていても外からは見られません。また、外資系のような企業は、個人の能力を必要としている場合が多いため、個性を表す服装や髪型も尊重してくれます。

 

自分にとって、何が譲れないのかを考えてから、求人検索をすると良いでしょう。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


転職3

服装・髪型にうるさくない業界の求人・アルバイトエントリー